「行人」夏目漱石
IIDのギャラリーで11月に行われていた展示soseki展
漱石の夢十夜執筆100周年を記念して30名のアーティストによって行われた展示。
たまたま自分も世田谷マラソンに参加し、そこに参加していた世田谷と姉妹としてあるカナダのウィニペグのランナーをIIDに案内してほしいと依頼があり、ちょうど展示をおこなっていたギャラリーにもお連れしたときのこと。
日本在住が長くなる大学で講師もしているカナダ人は、ギャラリーに案内した際に、漱石の中で一番好きな作品は「行人」ですといわれ、自分も含めそこに一緒にいた他の数名の日本人も含め、誰も読んだことがなく・・・という思いをしました。
夏目漱石は好きな作家でありながら、同じ作品を何度も読んでしまっていて、ひととおり目を通していないことに気づき、読み始めたのがきっかけです。
こうして自分の国の文化に気づく再発見ができたのが、本当に文化交流のいいところ、と開きなおりまして。
そしてこの作品は確かによかったです。
というところまでイントロダクション。
次回はハンカチの登場なども。