一枚の布を多様な生活のシーンで活用できる
そんな器用さが日本人にはあるかもしれません。
かつて手拭いがそうであったように、ハンカチも洋装に合わせて、
手を拭く用途以外に実際にいろいろな使われ方をしています。
そんなつかわれかたで一番多いのがお弁当包みかもしれません。

今回はそんなお弁当の包み方について、
いろいろな角度から検証します。

まずお弁当を包むのに最適なハンカチのサイズと素材はどうでしょうか。

サイズは大は小を兼ねるということもあり、
大きいサイズであればどんな形のお弁当箱もつつめるので安心です。
サイズは一般的な45cmほどでも十分ですが
50cm以上あればなおよいでしょう。
素材は地の厚いしっかりしたものが、
万が一お弁当から水気の物がこぼれたり、
テーブルにクロス代わりに広げることを考えるとおすすめです。

次にどんな柄のハンカチをお弁当包みにつかうか?

お弁当包みにつかうハンカチとしては、
ハンカチ自体としてはあまり持ち歩かなくなったものを
お弁当包み専用としていることを良く聞きます。

一方でハンカチ用、お弁当用と使い分けをしないで使う方もいます。
最初から主にお弁当用となっているハンカチもあるようです。
いずれにしても新旧であったり、好みで一軍二軍と分けられていたり、
用途で分けていたり、何かと出番はあるようで、
ハンカチ冥利に尽きるものです。

次回のハンカチ百科では、引き続きハンカチでお弁当をどのように包むか。
どのような状態で食べているか、持ち運ぶかを検証します。

---

ランチタイムが楽しくなるお弁当。
食べ物が描かれたハンカチや、
包むとかわいいハンカチ、
大判で色々なお弁当箱に対応できるハンカチ・・・
ハンカチとしてはもちろん
お弁当包みとしても活躍する1枚をぜひ見つけてください。

おすすめのハンカチ。
どちらもオンラインショップでお買い求めいただけます。

・swimmie Nail Dance
・swimmie ミントブルー×ホワイト花メローハンカチ
・H TOKYO AACサンドウィッチとコーヒーハンカチ
・H TOKYO OBENTO HILLSハンカチ/ネイビー