「ユーガットメール」

81-131e.jpeg

「ユーガットメール」1998年
ニューヨークを舞台にした、本屋をそれぞれ経営する二人(トム・ハンクス、メグ・ライアン)が商売敵として敵対する一方、ネットでは知らずにメール友達で惹かれあって…という話しです。
トム・ハンクスの子供がくしゃみをしたときに、メグ・ライアンがハンカチを貸してあげるシーンがあります。
お母さんがしてくれた刺繍のイニシャルとマーガレット(正確にはデイジー)のハンカチを大事にしていることを話していました。
ハンカチをさっとさし出すところは、とてもかわいらしい印象的なシーンです。
何かあったときに女性にハンカチを差し出されると男心にぐっとくるものがあります。
アメリカ(ヨーロッパでも)ではハンカチは鼻をかむものとして使われているのですね。
ちなみに自分が一番好きな科白は、メグ・ライアンがトムハンクスの経営する本屋打倒に燃えてボクシングの真似をするシーンでモハメド・アリを形容することば。
「蝶のように舞い、蜂のように刺す」
(Float like a butterfly, sting like a bee)
全く関係ありませんが…

ハンカチはなぜ四角なのか?

「ハンカチはなぜ四角なのですか?」
ある卒業制作でハンカチを題材にする学生さんから問い合わせありました。
私も考えたこともなかったのですがとりあえず「生産上都合がよいからでないでしょうか」と一度お答えしたのですが、歴史をひもとくとおもしろいことがわかります。
18世紀末のフランスでは、実際長方形や円形などのハンカチも存在したようです。
これに対し、マリー・アントワネットがルイ16世に進言し
「わが国のハンカチはすべて正方形にすべし」という法令を1785年6月2日に出しました。
ファッションリーダーであったマリー・アントワネットは自分以外の人間が華美に競い合っていくのを快く思っていなかったのでしょうか。それとも単に四角が使いやすいからと余計なおせっかいなのか、事実はわかりません。
ハンカチの形を法令で出してしまうなんて、おもしろいですよね。
お酒の席での小噺にでもお使い下さい…
ちなみに彼女の誕生日である11月2日に近い祝日11月3日が現在ハンカチの日となっています。

「裏窓」

ポケットチーフは映画のシーンでは当たり前のようにでてくるのであまり紹介はしませんが、印象的なシーンがあったのでご紹介。
映画はアルフレッド・ヒッチコックの名作サスペンス「裏窓」
1954年作品、ジェームズ・スチュアート、グレース・ケリー出演。
カメラマンのJ・スチュワートは足を骨折し、ニューヨークのアパートで療養中。身動きの取れない彼にとって退屈しのぎの楽しみは、窓から見える中庭と向いのアパートの住人たちを眺める事。だが、その中でセールスマンの夫と激しい口論をしていた病床の妻の姿が見えなくなった事に気づく。セールスマンの様子から、男が女房を殺したのではないかと推測、恋人の役のG・ケリーの協力を得て調査を始めるのだが……。
J・スチュアートが調査を依頼した知人の探偵がブランデーを飲み干そうとして胸元にこぼすシーン。
彼は胸の白いポケットチーフでブランデーをさっとふき、また胸に戻し部屋を出て行く。
現代の英国でも、ポケットチーフを使って洟をかみ、それをまた胸ポケットに戻すことがジェントルマンのあるべき姿とされているとのことです。
イギリス出身のヒッチコックは、そうした背景もよく知っていたのでしょう。
H TOKYOでは実際にハンカチの役割も果たす綿や麻のポケットチーフもご紹介しています。
映画ではご近所さんの日常をのぞき見するのですが、ベランダに布団を敷いて寝る夫婦は素敵です。犬のお散歩はそのベランダから紐でかごをおろしてアパートの庭を散歩させ・・・
またG・ケリーの美しさ、華麗な洋服もさることながら、けが人のため劇中ずっと寝巻き姿のJ・スチュアートのパジャマコレクションも見逃せません。大き目の襟が優雅に肩まで広がって、かっこよいです。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ