ハンカチを探せ!

インテルのホームページのショートムービーにH TOKYOのハンカチが使われました。
「ROAD TO CLO.」
第一話「不満」
一体どこに?と探すのが、「ウォリーを探せ」のようで、大変難しく面白いです。
私は3回みて発見しました。
スタイリストさんはこのような細かいところまで配慮した服や小物を取り揃えるのですね。
その仕事ぶりに感動、驚きました。
実は私も最近、畏れ多くも別でしている学校関係のイベントでスタイリストさんに入っていただき、基本は私物を中心に小物などをスタイリングしていただきました。現場で予め渡しておいたスーツやシャツがぱりっとしかもやわらかく立体的にプレスされて、ネクタイやチーフなど選んでいただいたものを合わせて舞台に立つと、気持ちが晴れやかに引締まり、すごく気持ちのよいものです。
さてインテルのショートムービーに登場していたハンカチはわかりましたか。
答えはこちら。
課長がにぎっていたピンクのハンカチです。
こちらのショートムービー、人間関係やキャラクター設定がよく出来ていて、みていると結構面白いです。

ハンカチを使ったスリ被害にご注意。

先日、大阪に出張に行った際にみた地下鉄構内の注意表示。
いくつかの駅で同様の案内が出てきました。
「最近、駅構内でスリ被害(ハンカチを落とす方法など)が多発しています。お手回り品にご注意下さい。」といった掲示がされていました。
具体的に「ハンカチ」ということばが出ているのはよほど実被害があったのでしょうか。
それにしてもハンカチをもって悪事にはたらくことは、ハンカチを販売しているものとしては許せません。
落とされたハンカチは、ひとの優しさを気付かせるコミュニケーションツールであったり、さらにできれば恋のはじまりのきっかけであってほしいところです。
ハンカチは色々な場面で印象的に小道具として使われていると言うことは、何とも興味深い出来事でした。
ハンカチの購入、泥棒お断り。
H TOKYO店主

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ