「潮騒」

DSCF0070.jpeg
DSCF0075.jpeg
「潮騒」1975年 山口百恵、三浦友和
ボランティアで活動している「池尻ロマンス座」
映画を通じて地域の高齢者と交流をすることを目的に20、30代のメンバー15人で運営しています。
というと堅苦しいですが、サークル活動のようにみなで集まって気楽にゆるく楽しんでいるという感じです。
映画が終わったあとは、IIDのカフェでお茶をしながらおしゃべりしたり、ときにはイベントを催したりしています。老人のスポーツで人気の輪投げ(やると意外に難しい)をしたり、講師をよんでスポーツ吹き矢など・・・
今回はスイカ割をしました。写真はちょうどIIDでのご自分の個展に合わせてライブとトークショーにきていた泉谷しげるさん。
中学校はすぐ近くの50mと離れていない学校の地元の人間で、御年60歳の還暦。
楽しそうだからか突如乱入し、座頭市スタイルという秘伝?を披露し、みごとにスイカを割ってのけました。
本題に戻り、「潮騒」でのハンカチの登場シーン。三浦友和扮する新治に好意をよせていた東京から帰ってきた女の子が、山口百恵扮する初江と新治がふたり仲睦まじく建物から出てきたのを目撃したのちのシーン。
その女の子が港の岬を歩いている。その手には片隅をもって、ひろがったハンカチが手の動きに合わせて揺れている。
ハンカチによって少しぶっきらぼうに動く手の動きが強調され、面白くない彼女の心情をうまく表現しています。相変らずすばらしい活躍をみせる小道具のハンカチ。
新治と初江の初々しく純な恋愛観や島民の素朴さが、つたわってきたよい作品でした。

ジャッキーに会いたい。

「ポリス・ストーリー/香港国際警察」1985
若かりし頃のパワー溢れるジャッキーチェンの魅力に溢れる作品。
このときの圧倒的なパワー、スピードは圧倒的。
もう何度もみたはずなのに、思わすわくわくしてしまいます。
そんなところで出てくるハンカチのシーン。
マギーチャンが暴漢に襲われそうになり、それを救ったジャッキーがぼろぼろのおんぼろ車で送るシーン。マギーチャンは襲われた恐怖で助手席で泣き出すシーンで、ハンカチが出てきます。
香港にもハンカチがあったんですね。
というのは、自分の知り合いの駐在している日本人がハンカチがないので送って欲しいとお願いしてきたからです。
つい先日映画のプロモーションや四川のチャリティコンサートで、ジャッキーチェンが来日しておりました。私もチャリティコンサートの一部のお手伝いしていた関係もあり、コンサートをのぞいていたのですが、ジャッキーチェンが照れくさそうに1曲だけ、ジュディオングと一緒に歌っていました。
貴重なシーンをみたようで、ひとり感動・・・。
私が働いているIIDでも「四川大地震 報道写真展」を開催しました。2008年7月1日(火)-20日(日)
募金箱のお金が、現地の被災者の少しでもお役に立ちますように。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ