ハンカチ百科 NO.2 「手を拭くのに良いハンカチは?(選び方)」

手を拭くのに良いハンカチは何でしょう。
まず思いつくのは吸水性がどれくらいあるか。
吸水性といっても、どれくらいの量を吸い取れるかと、
どれくらい早く水を吸い取るかと、
2つの点で考える必要がありそうです。

吸水性を決める要因は、専門的には糸自体の品質、番手、撚りの回数、
また整理加工などによって、変わってきますので簡単には言えません。
一般に単純化して判断する方法としては、
ハンカチを持ってみてしっかりしているかどうか。
糸がしっかり織られていていれば生地に張りがあって、
それなりの重みもあり、糸をそれだけ沢山つかっている、
だからその分水を吸いそうだと判断できます。

同じ考えで厚さやサイズが目安になります。
ダブルガーゼのような素材は、名前の通りガーゼが2重になっていますので、
しっかりと拭けます。普段タオルを使うタオル派から
ハンカチへの乗り換えとしてお試しされるのも良いです。

大きければ、それだけ拭ける面積も増えますので、
サイズを一つの目安にしても。
ハンカチは45cm程が多いですが、50cm位の大判もあります。
ただし大きかったり、厚かったりすればそれだけ、
ポケットの中でかさばることにもなりますのでご注意を。
夏場や外回りが多い人は2枚持ち歩くというのも
(ハンカチだけに)手です。

次回は、具体的な素材や持ち歩くスタイルについて、
見ていきます。

---

タオル派の方におすすめのダブルガーゼのハンカチや
バンダナがお好きな方には大判のハンカチも
ご用意しています。

おすすめのハンカチ。
どちらもオンラインショップでお買い求めいただけます。

ダブルガーゼレッドネイビーチェックハンカチ
ダブルガーゼネイビーホワイトチェックハンカチ
Graffiti Bandanna/ネイビー

macaroniの刺繍とハンカチ展 11.23-


【HONG KONG】

世界でいちばん好きな街・香港をモチーフにした
刺繍作品を日々制作しているmacaroni。

今回はイスタンブール、ナポリ、メキシコシティと
新たな都市を刺繍で旅したハンカチをつくりました。
また、 香港シリーズの作品をハンカチ用に
再構成したものも販売します。

※すべてmacaroniさんが手刺繍したものをプリントにしたハンカチです。
また、ハンカチの販売は全店11月23日からです。


【ISTANBUL】


【MEXICO CITY】


【NAPOLI】

ハンカチの発売を記念して原画になった刺繍作品の展示、
macaroniオリジナルグッズ販売を行います。

「macaroniの刺繍とハンカチ展」
○丸の内店 11/23~12/10 
○三宿・京都店 12/13~12/25

マカロニ(スズキクミコ)
東京都在住。出版社勤務を経て2011年より刺繍業を始める。
デザイナー、ファッションブランド、
ミュージシャンなどからの依頼の他、
世界でいちばん好きな街・香港をモチーフにした
刺繡作品を制作している。

HP macaronijp.com
ig macaronijp

ハンカチプレミアムライン CARLO RIVA・THOMAS MASON

H TOKYOでは「ハンカチプレミアムライン」として
シャツ生地に詳しい方でおそらく知らない方はいない
最高峰の生地といわれる『CARLO RIVA』の生地を使用したハンカチと
英国発祥の生地メーカー『THOMAS MASON』の
オーダーシャツに使用されるBESPOKEラインの生地を
ハンカチに仕立てました。

CARLO RIVAはゴールドネームでゴールドのロゴ入りBOXに入っています。
古いシャトル織機を使用し、
生産性は悪いながらもこだわった生地を追求するため、
出回る量もごく限られており、そのため幻の生地ともいわれます。

CARLO RIVAについて以前生地屋さんにインタビュー
させていただきました。
合わせてぜひご覧ください。
ヤナセインタビュー

THOMAS MASONはシルバーネームでシルバーのロゴ入りBOXに入っています。
オーダーシャツとなると少しハードルが高いですが、
一流の生地を身近に感じられる1枚です。

どちらも生地・縫製の背景などの
情報も添付された特別な限定品となります。
大切な方への贈り物にもおすすめです。

オンラインショップでも販売しています。
ぜひ上質な生地のハンカチをご覧ください。
http://old-fashioned.jp/?mode=cate&cbid=2053973&csid=7

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ