8月展開店舗のお知らせ

8月の期間限定で展開する店舗のお知らせです。

8月に入り夏も折り返し地点ですね。
まだまだ暑い日が続いておりますので
ぜひ夏のお共にハンカチはいかがですか?

お近くの展開店舗でもぜひご覧ください。

[期間限定]

東京
・二子玉川 蔦屋家電 7.19-8.23  H TOKYOハンカチ、TOKYO UCHIWAうちわ

・TODAY’S SPECIAL Jiyugaoka  8.26-9.14 H TOKYOハンカチ、swimmieハンカチ

京都
TODAY’S SPECIAL Kyoto 7.14-8.13 H TOKYOハンカチ、swimmieハンカチ

TOKYO UCHIWA

8月に入り、涼しい日もありますが
暑い日がまだまだ続いていますね。

夏休みはこれから、という方も多いのでは
ないかと思います。
帰省のおみやげや夏の贈り物に、
また花火大会のお共にうちわはいかがですか?

TOKYO UCHIWAのうちわは1本1本
職人が丁寧に仕上げています。
街頭で配られることも多いうちわですが
お気に入りの1本を探すのもおすすめです。

表面には上質なコットンやリネンの生地が貼られ、
完成まで細部に手が込んだうちわたち。
ほとんどが1点もので、他にはなかなかない柄がお楽しみいただけます。

TOKYO UCHIWAでお取り扱いしている
房州うちわは日本3大うちわのひとつで
この美しい窓が特徴です。
しなりが良くとても優しい風を感じられます。

もうひとつの生産地は埼玉の越生です。
こちらは一文字団扇といい、肩骨がまっすぐと、
柄に対し直交していますので、強い風が起こせます。

ぜひ店頭で実際に扇いで風の違いや
柄のバリエーションをお楽しみください。

どちらもオンラインショップでお買い求めいただけます。
http://old-fashioned.jp/?mode=cate&cbid=2054004&csid=0

僕の好きなハンカチ

一番好きなとっておきのハンカチ、つかいかた、思い出など、
ハンカチにまつわることを、H TOKYO/swimmieに関わる周辺のひとに、
お伺いしています。

26人目は7年前にお客さまとしてお店に来てくださり
その時発足したばかりの
ハンカチ研究会にも参加してくれた坂田一城さんです。
お名前に「ー」が入っていることから
スタッフの間では「ワンさん」の愛称で
H TOKYOの初期からずっと見て来てくれた坂田さん。
懐かしい話もたくさんしてくださいました。
ぜひそのあたりもお楽しみ下さい。

—わあ!これは懐かしいハンカチですね!

7年ほど前にH TOKYOで買ったハンカチですね。
たぶんH TOKYOで初めて買ったものかもしれないです。
動物柄が本当に好きで。


※左のブルーの動物柄が一番最初のハンカチ

—リバティー※の生地が多いですが昔から好きなんですか?

もともとリバティーというか基本柄が好きなんです。
その中でリバティーを好きになったきっかけは
柄物のシャツを洋服屋さんで見つけたことです。
でもそのシャツを買おうと思ったらサイズがなくって、
お店の人にかなり探してもらったんですけどなくて。
でもどうしても諦めきれなくて無いのを知ってて
もう一度お店に行ったんです。
そしたら本社に掛け合ってくれてサンプルを売ってくれたんですよ。
その時はその生地がリバティーだって知らなかったんですけど。
やっぱりそのシャツも動物柄でした 笑

※1874年に創立されたロンドンのリバティ社製のプリント柄のこと。

—これもリバティーですね。

そうですね。
生地屋さんで見つけて妻にハンカチにしてもらったんです。
彼女が特に裁縫をやっているとかではないんですけど
でも生地が好きだから「欲しい!」と思って買って
縫って欲しいとお願いました。

—動物の中でもたしかゾウがお好きでしたよね?

そうなんです。いつから好きか、なんでなのかも
全然わからないんですけどね。
でもこのUSA生地のハンカチは最高です。
色の中ではオレンジが一番好きなので
その両方がこのハンカチの中にはあって
本当に最高の1枚です。

—どれも本当に懐かしいハンカチです。

引っ越してしまうまでは三宿によく来させてもらってましたからね。
動物柄はすごく好きなので見つけると買っていました。

—動物柄のハンカチは今あるもので全部ですか?

ここまではっきりとした動物柄のハンカチは
持って来たものだけですけれど
シャツや手ぬぐいも動物柄が多いかもしれません。

—このハンカチも動物ですね

はい。トナカイの柄ですね。
どこで買ったか全然覚えていないんですけど
全く同じハンカチを2枚持っていました 笑
どこか日本の美術館だったと思います。
タグとかも付いていないからどこのか全然わからないです。
動物だから買ったんだと思いますけどね。

—動物はもともと好きなんですか?
何か飼っていたりしますか?

実家でなんですけど、マルチーズを最初に飼っていて
そのあとハムスターでその次にうさぎ、
今はダックスフンドを飼っています。
爬虫類や昆虫も小さい頃から好きです。
大人になった今でも恐怖とか無いですし
そういう影響もあるのかもしれないですね。

—柄物以外にチェックとかストライプとかも持っていますか?

少ないですけど、持っていますよ。
チェックは1枚だけありました。
ストライプも1枚だけあって、ドットも1枚。
H TOKYOの皆さんに誕生日にもらった
ハンカチが唯一のストライプです。
刺繍もしてくれてたんですよね。
打ち合わせとか綺麗めな格好をした時には
必ずこれを使ってますよ。

—スタッフの中では自転車柄が好きな
イメージもありましたが・・

家で見てみたら自転車柄のハンカチはそんなになかったですね。
動物柄の方が好きだったみたいです 笑

—H TOKYOを知ったきっかけはなんですか?

以前中目黒付近に住んでいたんです。
それで探検しようと思って自転車でぶらぶらしていました。
いつもは通らないんですけど
偶然三宿のH TOKYOの前を通ったんです。
もともとお客さんの誰もいないお店は入れない方なんですけど 笑
色と柄に惹かれて入りました。
その時にスタッフの大津さんが話しかけてくれて
色々話しているうちに「今度ハンカチ研究会やるからぜひ来てください!」
って教えてくれて。
1回目は行かれなかったんですけど
2回目の忘年会には行きました。
でも研究会に行ったのはそれっきりでした 笑
そのあとは一緒にごはんを食べたり
お客さんとして今もH TOKYOに遊びに来ています。

—その忘年会にワンさんというあだ名がついて、7年ですね 笑

だいぶ慣れましたよ。
H TOKYOに電話した時に自分から「ワンです」って
いうのは少し恥ずかしかったけど
最近はもう全然言えますね。

—奥さまとの初デートの前にもお店に来てくれましたね!

よく覚えてますね 笑
静岡に桜エビを食べに行ったんですよ。
でもその時受け取りに行ったハンカチは彼女にではなくて。
そう言えば今でも妻には買ったことがないですね 笑
友人のプレゼントには二人でもよく使わせてもらってるんですけどね。

—奥さまとは共有でハンカチを使いますか?

ハンカチは別々です。
入れる場所も分かれています。
お互いハンカチを畳むまではするんですけど
入れるのはそれぞれ自分で入れます。
なんとなく自分の「こう入れたい!」っていうのが
それぞれあるのかもしれないですね。
このハンカチはなんとなくここがいいなとか 笑
こだわっているわけではないんですけど、癖ですかね。

—ハンカチはどんな風に選びますか?

そうですねー・・・
そんなに『ハンカチを持っていく』っていう
意識が無いかもしれないです。
「今日はこれがあるからあれを持っていこう」
とかありますよね?
でも財布って持って行こうと思って持っていくというより
絶対持ち物に入っているじゃないですか?
ハンカチもそんな感じなんです。
持っていくもののひとつなんですよね。

—なるほど!でもお財布は決まってますけど、
ハンカチはいくつかありますよね?
それはどんな風に選んでいるのですか?

うーん・・たぶん、気分だと思うんですけど
でも「最近これ使っていないな」と思ったら
それをあえて選ぶこともある気がします。

—手ぬぐいも多く持っていらっしゃるということでしたが
ハンカチとの使い分けはしていますか?

そう言われると、ありますね。
基本はハンカチです。
でも雨の日は手ぬぐいです。
そんなに意識はしていなかったんですけど 笑

—小さい頃からハンカチは持っていましたか?

部活をやっていたのでタオルが多かったです。
服もほとんどジャージと制服しか着ていませんでした。
なので洋服も買ったことがなかったんですよ。
休みの日もジャージでした。
だからハンカチを持つことはほとんどなくて。
でも高校を卒業して専門に入る時に
「服がない!」と思って 買いに行ったんです。
それで服を買うようになって
初めて買ったハンカチがこれです。
これはビームスで買いました。映画とのコラボでした。
10年以上使っているってことですね。

—ハンカチは何枚お持ちですか?

数えてみたら34枚でした。
半分はH TOKYOのハンカチでしたよ。
ここに通い始めて7年間は
H TOKYO以外のハンカチは買っていないです。
今まで「ハンカチを買おう!」と思って自分のハンカチを
買ったことはなかったんですけどね。
今ハンカチを買うのはH TOKYOと思っているので
他で見ることがなくなりました。
でも他の場所にH TOKYOのハンカチが置いてあると
ちゃんと見つけられますよ。
わりと洋服とかも気に入ったところを見つけると
そこでしか買わないタイプなんですよね。

—現在のお仕事は家具を販売している
ペニーワイズ白金店の店長さんですよね。

そうです。ペニーワイズに勤めて10年になりました。
専門学校ではインテリアデザインを勉強していて
その後は設計事務所にいました。
ほとんど現場監督でしたね。
そこで家の現場を見ていた時に家具屋さんに出会って
かっこいいなと思ったんです。
その時は思っただけだったんですけど
のちに仕事を辞めた時に家具屋になりたいと思って
イギリスに行きました。
帰って来てからペニーワイズに勤め始めました。
最近はデザインをするだけではなくって
実際に家具を作ってみたいなと思って
木工教室に通ったりもしています。

—ペニーワイズさんでもオリジナルのハンカチを作って
くださいましたよね。

そうですね。コロニアルチェック※のハンカチですね。
35周年の時にノベルティとして
作ってもらったんですけどすごく喜ばれました。
ガーゼみたいな感じで生地自体も良かったですし。
刺繍も入れてもらいました。

※1993年に英国のファブリックを集めてスタートした、
リネンとコットンファブリックを中心にオーダーメイドカーテンや
ソファを制作・販売しているショップ。(ペニーワイズの2F)

—ハンカチを買う時にこだわりはありますか?

とりあえず柄物は好きなので選びます。
その時のルールとしては
まず持っていない「色」であることと
持っていない「柄」であることです。
洋服も色はあんまりかぶらないようにするんです。
クローゼットは結構カラフルです。
靴とかもそうです。
とにかく持っていない色を選びます。
モノトーンは少ないかもしれないですね。
それとその「色」と「柄」のバランスですね。
好きな柄でも好きな色でなければ
気にならないでしょうし、逆もあると思います。

—ハンカチはどこに入れて持ち歩きますか?

だいたい左ポケットです。
携帯とかも左で打つんですよね。
右利きなんですけど。
あと手を拭いてハンカチをしまう時は
絶対広げてから折り返して
濡れた部分を中にしてからポケットに戻します。
その折り返した時の柄の見え方とかも好きです。
ハンカチを入れるズボンによって入れ方も変えますよ。
ポケットの大きさによるんだと思うんですけど
それもちょっとしたこだわりかもしれません。
このインタビューの話をもらって
こういうことも改めて考えてみたら面白かったです。

—ありがとうございました。
ワンさんと出会って7年。
H TOKYOのハンカチを愛してもらって
奥さまと一緒にご友人にもたくさんのハンカチを
贈り物にしていただきました。
こうして改めてお話が聞けて初心を思い出す
きっかけをいただいた気がしました。

坂田一城
1979.05.14
趣味:家具作り/キャンプ
今欲しいもの:ちょっといい鑿とカンナ
手に入れたらキャンプファニチャー作ろ
好きな事:歩くこと
でも、自転車も好き

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ