京都店限定の刺繍に新しい京野菜ができました

昨年、京都店の5周年を記念してつくった京都店限定の刺繍シリーズに、このたび新しい京野菜が登場しました。

ぷっくりと立体的に表現した『賀茂トマト』と『賀茂茄子』の京野菜2種。
京都の夏野菜を、この時期に合わせてご用意いたしました。
店頭のお好きなハンカチに入れることができます。

お店で使っている刺繍糸は京都西陣で職人が丁寧に作ったものです。
その繊細で多彩な糸を活かした刺繍をお楽しみください。

cumuco ガーゼフェア 6/22-7/5

ガーゼブランドcumuco × H TOKYOのオリジナル6重織ガーゼハンカチが登場しました。

ポップな色合い、ガーゼの柔らかさ。

思わずぎゅっとしたくなるようなガーゼタオルハンカチは、汗をかくこれからの季節にぴったりです。

もちろん、一年中使いたい心地よさ。
洗濯するたびに柔らかくなり、ボリュームもあるためふっくらとしてゆきます。


▲機能性・快適性に富んだガーゼ素材を、6重に織り上げました。

オリジナルガーゼハンカチの発売を記念して、H TOKYO各店舗、OLD-FASHIONED STORE各店舗では、cumucoで取り扱っているタオルケットやフェイスタオル、フィールドタオルを期間限定で取り扱います。

また、6重織ガーゼハンカチは、オンラインストアでも購入が可能です。

【cumuco ガーゼフェア】
開催期間:6/22(月)-7/5(日)
開催店舗:H TOKYO各店舗、OLD-FASHIONED STORE各店舗

cumuco公式サイト

らそう 新作ハンカチ

テキスタイルユニット<らそう>の安藤隆一郎さん、稲垣萌子さんによる新作ハンカチが入荷しました。


天狗になるな/安藤隆一郎

「天狗になる」という言葉は鼻を長~く伸ばし「いい気になって自惚れる」という意味で使われます。ですが、同じ鼻が長い様子を「鼻が高い」と言うと「誇らしい、得意である」と一転して良い意味に変わります。
天狗のように立派で高くピンっとした鼻を持つことがあっても、ふにゃりふわりと柔らかく決しておごらない鼻でありたいものです。


河童の力比べ/安藤隆一郎

河童の相撲好きは元々相撲が水神に捧げる行事だったからと言われています。
浮世絵師月岡芳年の「和漢百物語」では江戸中期に活躍した伝説の力士白藤源太と河童の相撲をモチーフにした浮世絵が登場します。そこでは白藤源太見守る中、力強い身体をした河童たちが相撲に取り組む姿が描かれています。


海のおとしもの/稲垣萌子

海辺を歩きながら、浜に打ち上げられたものを見ていると、陸にもともとあったもの、海の底にあったもの、海を漂ううちに形が変わったものや、見たこともないものがあります。
そういったものを拾い集めて眺めていると、ふっと、海と陸の境界線が曖昧になって面白いものです。

ら そ う
安藤隆一郎
美術作家(身体0ベース運用法)/イラストレーター
1984年京都生まれ。京都市立芸術大学大学院工芸科染色専攻修了。
美術作家としての活動とは違った自由な表現のアウトプットの場としてテキスタイルユニット<ら そ う>やイラストレーターとしての活動を緩やかに楽しんでいます。

稲垣萌子
美術作家 /イラストレーター
1984年滋賀県生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科版画修了。
美術作家として、子供に向けたワークショップを行ったり、イラストを描いています。海や山や野原に出かけるのが好きで、その中で感じたことを、テキスタイルユニット<ら そ う>では表現しています。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

検索