KEIKO AKATUKAインタビュー(1)

IMG_6170

SOC TOKYOのパッケージでPENTA AWARDSの金賞を受賞された
KEIKO AKATUKAさんにインタビューをしました。

現在、三宿店他、特集・販売もしておりますのでぜひ店舗にも
お立ち寄りください。
http://htokyo.com/?p=6764

(1)ロゴとパッケージデザインについて

・SOC TOKYOのロゴデザインは
色々な経緯を辿ってここまでたどり着いたかと思うのですがいかがですか?

赤:最後にパッと案を出したのがたしかこれでしたよね 笑
オーナーさんが「ピン!」と来ているのが見えて
「あ!良かった!!って思ったんです。

・でも赤塚さんのデザインをご存知の方は意外に感じてました。

赤:そうですね。いつもは描写的な方向に仕上げるお仕事も多くて
そうなると女性的なものも多いんですけど
なにやってもいいよという風に言っていただけたときは
SOC TOKYOのような方向のデザインをしていて、
今までの自分の流れの中にもこの方向のデザインがあると思います。
シンプルさがありながら、でもちょっとかわいいみたいな感じですかね。

・こういったデザインのイメージはどのように考えて行ったのですか?

赤:まずはコンセプトの「AN INSPIRATION BORN FROM YOUR FOOT」
から考えて行きました。脇役である靴下はコーディネイトの最後になるか
もしれないけれど靴下からコーディネイトするようなそんな靴下であって
欲しいという思いでちょっとしたイノベーションを考えていったんです。
そこからインスピレーションの伝達の仕方として周波とか見えない何かを
かたちにしたいなと思って。
ロゴのこの「うねうね」は脳に到達するイメージなんです。

・このパッケージは仕事で使うようなファイルをイメージさせるような
ところが特徴的なデザインだと思うのですが

赤:はい。最初はフランスパンの袋とか「袋」で考えていたんですよね。
でもそれでは沢山入らないなと思ったんです。
パッケージの突き詰めたところとは、梱包材がいらないとかたくさん入るとか
そういうところが大事だと思うのでいっぱい入る方法は?と思ったときに
ファイルはどうかなって思ったんです。

・ファイルって言う発想が靴下のパッケージとしてでてきたのはすごいで
すよね

赤:ファイルなら4足は入るし、6足パンパンにいれちゃうとかも出来るし
靴下デザインのイメージでもあった「アイビー」っていうテーマにファイ
ルは合うなと思って。学生みたいな。
外はシンプルに見えて開いたときの楽しさがでるようにというところも
大切にしました。
-------------------------------
KEIKO AKATSUKA
Designs like Perfume.時には薬となり、時には華やかに調合され、五感で
感じとるデザイン。パッケージデザインを中心に、グラフィックデザイン、CI/VI、
ディスプレイデザイン、ファッションデザインまで幅広く手がける。
http://keikored.tv
-------------------------------
(続く)

 

11月展開店舗のお知らせ

11月展開する店舗のご案内です。

表参道 john masters organics TOKYO 11. 14

H TOKYOの生産過程で出る10cm幅ほどの生地を、東北グランマに縫製してもらい
瓶製品をお買い上げのお客様への包装に使用していただいています。
*ハンカチの展開はありません。

[john masters organics TOKYO]
http://johnmasters.tokyo/

[残布リユースプロジェクト]
http://www.stylaonline.jp/s/disp/CSfPage.jsp?pn=/cam/feature13

[東北グランマの仕事づくり]
https://avantijapan.co.jp/grandma-project

代々木上原
gabriyolly 澁谷摩耶の布からのモノ作り- 奇妙な果実との出会い- 11.22(土) – 11.30(日)
https://www.facebook.com/gabriyoll
コラボでつくったFlying-ORANGE、Hello-KIWIのハンカチが並びます。

埼玉
大宮ルミネ en market(エンマーケット) for OMIYA LUMINE 11.28(金)-12.25(木)
若手クリエイターを集積したセレクトショップ「en market」内でswimmieの取り扱い

「GIFT」をテーマに本格的なGIFTシーズンを迎える前に気になるアイテム(「1点モノ」「限定品」)を多数取り揃え、お客様に“見て、楽しい”売り場を提案しています。

https://www.facebook.com/events/322940864577849/?ref_newsfeed_story_type=regular

岡山
The Libretto MARKET 11.29-
H TOKYOのハンカチのフェアを行います。

その他、H TOKYO三宿店、丸の内店、京都店やオンラインショップ、
お取扱い店舗でもお取扱いしていますのでお近くにいらっしゃる際は、
どうぞご覧ください。

gabriyolly/Flying-ORANGEハンカチ 11.22

Flying-ORANGE[2]

澁谷摩耶主催のgabriyolly というクリエーターユニットとのコラボによる
ハンカチを11月22日より販売します。
Flying-ORANGEはショウガを切るとその断面が、オレンジに。
Hello-KIWIの方は、バナナがキウィにと。遊びごころあふれる
食べ物がモチーフになったデザインです。

このプロジェクトの全貌は、case galleryにて開催される
「gabriyolly 澁谷摩耶の布からのモノ作り- 奇妙な果実との
出会い-」にてご覧いただけます。
ハンカチ以外に服、アロマオイル、菓子など気になるアイテムが
満載です。
ワークショップやトークショーも行われます。

展示:
gabriyolly 澁谷摩耶の布からのモノ作り- 奇妙な果実との出会い-

期間:
11.22(土) – 11.30(日) 11:00-18:00 会期中無休

場所:
CASE gallery
東京都渋谷区大山町18-23 コートアネックス大山町1F
Tel:03-5452-3171
HP : www.casedepon.com
FB:http://www.facebook.com/case1823

服作りが楽しくて仕方がない!という想いがあふれ、テキスタイルから
制作することを始めたのが2004年から10年。さまざまな布地加工を
研究、作品を制作し続けてきました。
取り組むほどに発見と感動に満ちたテキスタイル制作の楽しさを、
異分野のクリエーターと分野をこえたコラボレーションによってさらに
発展させ、服作りの楽しさを多くの人に伝えたいことからgabriyolly
というクリエーターユニットを結成しました。

今回、「奇妙な果実との出会い」をテーマに新作テキスタイル4点を
制作。既存の染色加工をかけ合わせ、1+1が5にも10にも魅力的に
生まれ変わる布地加 工とその工程をご紹介。また、そこから発想した
服・靴とそれらを用いたイメージ写真、アロマオイル・お菓子などを提案
いたします。一つのテキスタイルから スタートした五感を刺激する広がり
をぜひ直に感じてください。

gabriyolly 澁谷摩耶

イベント詳細はこちら
gabriyolly Facebook http://www.facebook.com/gabriyolly
gabriyolly Tumblr http://wearegabriyolly.tumblr.com

Hello-KIWI

 

 

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

検索