布製マスクのアイロンのかけ方(動画付き)

ハンカチのアイロンのかけかたの詳細のご案内に続き、ハンカチ百科の番外編として、最近ご利用する方も多い布製マスクのアイロンのかけ方を丁寧に紹介します。

最近は不織布のマスク以外に、手作りや市販の布製のマスクを見かけることが大変多くなりました。
布製のマスクは肌あたりもよく繰り返し洗濯して利用できることから人気も高いようです。

手洗いなどをして乾かしたものをそのまま着用しても良いですが、ワイシャツと同様に、アイロンをかけたパリッとシワのないマスクは、清潔で爽やかなイメージもあり、着用する方もすがすがしく気持ちが良いはずです。

ただしあまりかけたことのないマスクに、いざアイロンをかけようとすると戸惑うこともあるでしょう。
そんなマスクにアイロンをかける際の注意点や、きれいに仕上げるこつについて紹介します。
最初にプリーツマスクと、続いて立体マスクをご説明します。

アイロンの設定温度は、素材に合わせましょう。
綿の素材が多いようですが、最近は機能性のある化学繊維の生地を使用したものなどもたくさん出ています。
購入した際のパッケージやサイトなどで間違いのないよう確認をします。

マスクのしわが目立つようだったり、ぱりっと仕上げたい際は霧吹きを使用し、アイロンが温まるのを待つあいだに吹きかけておきます。

マスクはアイロンをかける面積が小さく、ゴムにもアイロンが当たりそうになります。
ナイロン・ポリウレタン素材のゴムは、高温のアイロンが当たらないようにハンカチなどで当て布をするのがおすすめです。

プリーツマスクは、裏側からかけていきます。プリーツがまっすぐになるように、しっかり引っ張りながらかけましょう。
表側はプリーツのひだを一枚ずつ、しわが寄らないようにしっかり引っぱりながら、上下からかけて、最後に中央部分を仕上げましょう。

立体タイプのマスクは、裏側から片面ずつかけて、外側を同様に片面ずつかけて仕上げます。
プリーツがない分、早くできます。

上手にできましたか?
最初は慣れなくても何度か繰り返せば、少しずつ早くきれいにできます。

ぱりっとしたマスクを身につけて、一日を気持ちよく過ごしましょう。

オリジナルの布マスクの新作も店頭・オンラインストアに入荷しております。

アイロン動画シリーズ
ハンカチ百科 NO.16 どこよりも詳しいハンカチのアイロンのかけ方 も合わせてご覧ください。

ハンカチ百科 NO.16 どこよりも詳しいハンカチのアイロンのかけ方(動画付き)

以前もきれいにアイロンをかける方法をハンカチ百科NO.8でご案内しましたが、
さらに詳しく動画も用意して、ご家庭で簡単で手早くきれいにできるハンカチのアイロンのかけかたをご紹介します。

アイロンの電源を入れ、ハンカチの素材に合わせた温度に設定します。
一般的な綿や麻の素材については高温(180〜210℃)にします。

アイロンが温まるのを待つ間に、1枚ずつ霧を吹きかけて生地に水分が浸透する用になじませておきましょう。
お気に入りのリネンウォーターを使用すると、香りに包まれて気持ちよいです。

まとめて何枚かアイロンがけするときには、霧吹きをかけながら、ハンカチの向きを揃えて、重ねておくとスムーズにかけられます。
生地は、縦横に引っ張り、伸びにくい経糸(たていと)方向がどちらか確認し、そちらを天地にします。

ハンカチを広げた状態でかけられるアイロン台は家庭用だと多くありません。
そこでアイロン台の上で効率的にハンカチにアイロンをかける方法をご案内します。

ハンカチを横向きにして半分に折ります。
このとき角が合わないときは、一旦広げて、対角線上に角をもち、両角をそれぞれ引っぱり揃えましょう。

アイロンが適正温度になったら、ハンカチの角を合わせてから、反対の手で引っぱりつつ、伸びにくい経糸の辺を反対の角まで仕上げます。
そのまま緯糸(よこいと)の辺を仕上げ、中央を進み、もう一辺の緯糸(よこいと)を仕上げて、最後に下辺をプレスします。

裏面も、下辺になる縫製の経糸をスタートに同じ流れでアイロンをかけます。

表面に戻して横に折り、縦に折り、もう一度横に折ります。

仕上げに畳んだ状態でプレスして完成です。
最後のプレスの際に裏の生地が見えないように角を引っぱりながら整えるのが、上品なたたずまいできれいに仕上げるこつです。

いかがでしたか?
単にハンカチにアイロンをかけるのにもこつを知り、手順を決めれば、気持ちよくきれいな仕上がりに満足できます。
苦手な方も多いアイロンがけも前向きにできるのではないでしょうか。

ハンカチ百科 NO.15 どれくらいの人が手を洗っているのか?

外出先の洗面所で人は手をきちんと洗っているのか、また手を洗った後はきちんと拭いているのか。実際のところ、洗面所で「あれあれ、いいんでしょうか…?」と思う場面に出くわすことがあります。

昨年の春のデータになりますが、調査した結果を元に、手洗いの実態をひも解いてみたいと思います。
(2019年3月20日〜4月30日東京都内において、調査対象者女性87名、男性33名)

早速グラフを見てみましょう。

まずは女性から

■手を洗っていない。 3.4%
…ほとんどの人は手を洗っていて、ちょっと安心です。

■空気乾燥、髪や服などで拭く。 16.1%
…意外にも一定数います。

■ハンカチ使用。 9.2%
■タオル使用。 6.9%

■ハンドドライヤー使用。 42.5%
…こちらは多くの方が使用しており、後に出てくるハイブリッド派も加えると6割を超えます。
※ペーパータオルも含み、ハンドドライヤーという項目にまとめました。

■ハンドドライヤー使用+ハンカチ 8%
■ハンドドライヤー使用+タオル 12.6%
…ハンドドライヤーを使用してもしっかり乾いた感じがないのか、仕上げにハンカチやタオルを使用することがあるようです。
両方をうまく使いこなしているハイブリッド派が20%強います。

さて、ハイブリッド派を加えて改めて見るとハンカチ派は17.2%、タオル派は19.5%でした。
ハンカチをメインに扱う専門店としては残念ながら、利便性の高いタオルの方が支持があるようです。

次に男性。

■手を洗っていない。 21.2%
…女性と比較して、とても多いです。

■空気乾燥、髪や服などで拭く。 21.2%
…ここで上記と合わせると4割を超えてしまいました。

■ハンドドライヤー使用。 18.2%
…2割弱

■ハンカチ使用。 33.3%
■タオル使用。 6.1%
…ここで女性と比較すると男性はハンカチ派が強いことがわかります。
ワークスタイルとしてのスーツには、かさばるタオルよりハンカチの方が持ち歩きやすいのでしょうか。
また女性で多くみられたハンドドライヤーとハンカチなどの合わせ技は、男性では見られませんでした。

いかがでしょうか、女性と男性では結果が異なり、どちらかと言えば女性のほうが丁寧な印象です。
しかし、ハンドドライヤーだけを使用した人が、仮にハンカチやタオルを持っていなかったと捉えると、
結果として女性でも男性でも60%強がそのグループに属します。
もしもそうだとすると、非常に残念な結果とも言えます。

最近はハンドドライヤーが使えないところも増えていますので、ハンカチやタオルを持つことを今まで以上におすすめします。
また、利便性を追求しがちで環境破壊も進む昨今の世の状況から考えても、ハンカチを使う方が増えるよう願っています。

※サンプル数が少ないこのデータが世の中の実態に即しているとは一概に言えませんので、あくまで参考としてください。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

検索